クラブランの内容が長くなったので、一度締めて引き続きここから~。

(ちなみに内容は、こちら)

クラブランで走りながら思ったこと。


 

こんなんじゃだめなんだよ。


 

ツールドおきなわ、ジャパンカップを完走したければ、

クラブランで男子に負けない、

むしろ、ちぎることができる。それくらいの力が必要だ。

でも、それがきでないところか、千切れていってしまう・・・。

 

焦っても仕方ない、1つ1つやっていくしかない、

でも、現実的なことをいえば、

あと半年でそんな力が付けられるのか・・・。

いや、わかってますよ。

今年私が完走できる可能性が低いこと。

何年かけてでもいいから、完走したいと心に誓っている。

そのために、日々の練習があることも理解している。

それに、去年みたいに、気持ちを追い込み過ぎても潰れる。

練習しすぎてオーバーワークで自滅する。

だから、楽しみながら挑戦しよう!と心がけている。

 

でもね、そう頭で理解していたって、

焦りもあれば、苛立つこともあります。

前向きに色々思うように最近はしているけど、

そういったって、現実を突きつけられたら凹む。

ダメだとわかっているのに、

気持ちを切らさないで努力続けるのは、時々辛くなる。

 

たぶん、GWに参加するもてぎエンデューロが近いから、

余計に気持ちが腐っているんだと思う。

だって、ウーマンの部にでれば、

いやでも自分の力をしるわけで・・・・

 

まぁ、いつものことで、

落ち込みだしたら、とことん落ち込む。

で、底までいったら勝手に這い上がる。

 

そんなクラブランの後、

我が街にアンジェラアキがやってきた!

f:id:shimablog:20140422175148j:plain

f:id:shimablog:20140422175157j:plain

コンサートに行ってきました。

元々ファンで、以前も一度聴きに行ったことあります

 歌も好きだけど、

アンジー自体、

デビュー目指した時がすでに遅くて、年齢とかハーフであることとかで、

チャンスをつかめなくて大変だったけど、

諦めないで挑戦して、デビューできた、と以前テレビでみて、

そういう姿勢も好きでした。

 

コンサートは、本当によかったです。

やっぱりすごい歌がうまい。聴いてて響いてくる。

 

で、最後に手紙を歌った。

「今 負けないで 泣かないで 消えてしまいそうな時は
 自分の声を信じ歩けばいいの
 大人の僕も傷ついて眠れない夜はあるけど
 苦くて甘い今を生きている

 

 人生の全てに意味があるから 恐れずにあなたの夢を育てて
 Keep on believing」

 

今の自分には、とっても響く歌詞だった。

 

そして、さらに、

アンコールの時にアンジーからビデオが流れた。

活動十年をふりかえるドキュメンタリーで、

かつ、どうして活動をやめるか、という内容だった。

 

その中で、こんな言葉が出てきた。

限界の向こう側の景色を見てみたい

 

 心つかまれた。

というか、まさに私が思っていたことだった。

似たようなことを、ブログの挨拶に書いていた

ただ、気持ちがいっぱいいっぱいになると忘れかけていた。

そうだ、なんで私がこんなに頑張るのか、

どうして向こう側の景色が見てみたいんだ!!!

 

 

今だってまたあの思いをすると思ったらやめたくなる、

だったら、練習しないほうがいいじゃんとか思ってしまう時もある。

「年齢や新しい挑戦に不安がないわけではない」

と素直にいって、それでも挑戦するアンジーの姿をみたら

逃げちゃだめだと思ってしまいました。安直ですが。

 

こんなに心に響いたのは、

多分、この日のクラブランの後だったからだ。

これが、前日とか翌日とかだったら、ここまで響かなかったかも。

たまたまなことだけど、このタイミングにコンサートに来れてよかった

 

「否定の言葉に押しつぶされても
 はい上がって戦い続けた」

サクラ色の一節。ここが妙に耳に残った。

多分、今の私に必要な言葉だからだろう。

 

 そんなアンジェラに興味ある方は、

こんなインタビューどうぞ~

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140309-00000002-mantan-ent&p=1

 

 

ランキングに参加中!

 

 

 

 一日一回、下のボタンをクリックして頂けると幸いです!

 

 

 ご協力お願いします

  にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ