まだ見ぬ君へ

2017/10/28

橋下市長が先日TV出演された時、
こんな事を話されてた。
大阪が良くなった事も沢山あると、
しかし人はそれを褒め称えない、
悪い事ばかり、悪いと責められると、


そ、そんな事・・・
今更お知りになったのですか?
私は20年も前から知ってますが、
店には高い物もあれば、
安く値段を付けついる物もある。


その高い物だけを人は高い、高いと、
言うが、安く値段を付けた物を、
安いですねとは決して言わない、
何も言わず、何度も注文する。


早く来て一人氷を切り、
一つ一つ丁寧に磨き、
綺麗な氷で出しても、
誰もそこには感動、
いや関心すらない、


あくまで値段、
しかしこんなに値段の事を言われるのは、
この下町に来てからだ。
価値観の問題なのか、
少しでもいい状態でお酒を飲むのには、
お金が掛かる。


夏場暑くなれば早く来て、
お酒が痛まないようにクーラーを掛ける。
暑い街のBARでは、一日中クーラーを掛けている
店もある。
全ては一杯の為に、


まあ、書いても無駄かも知れないこのブログだが、
次の世代が値段、値段にならないように、
書かなければ、
綺麗な氷、豪華なグラス、軽妙な話、
全てがその一杯に注がれている。


それがBARなのだ。
拝啓 まだ見ぬ君へ